ジョリーグッド の「楽しい」を探る
病院で過ごす子供たちのクリスマスに“VR旅行”をプレゼント!

先日、ジョリーグッドがパートナー企業らと共に「ボーンスマイル・プロジェクト」の第一弾を実施いたしました。

本プロジェクトは、ジョリーグッドのテクノロジーを活用して“笑顔を創造することだけ”を目的としたプロジェクトです!

第一弾の今回は、東京都立光明学園の分教室「そよ風分教室」で、病院内で過ごす子供たち18人へのクリスマスプレゼントに“VR旅行”を届けました。

実在する観光地やテーマパークなどのコンテンツのほか、ラジオスタジオ体験やブリの養殖体験などお仕事体験のコンテンツも体験してもらい、たくさんの笑顔を生み出すことができましたよ。

またコンテンツ提供の協力をいただいた和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」の支援のもと、パンダのぬいぐるみを子供たちにプレゼントしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■「ボーンスマイル・プロジェクト」について

本プロジェクトは、ジョリーグッドの企業理念である『テクノロジーは、それを必要とする人に使われて、初めて価値がある』を具現化し、 “笑顔を創造することだけ”を目的とした社会貢献プロジェクトです。

第一弾の今回は「Flying out project」と題し、全国に約14万人以上いる難病を抱え病院で過ごす子供たち(※日本財団調べ)に、VRテクノロジーとジョリーグッドがこれまで制作してきた多くのコンテンツで、「子供たちに笑顔が生まれること」を目的としました。

プレスリリースはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここからは当日の様子をレポートします!

今回はクリスマス企画だったので、私たちもクリスマス衣装でバッチリ決めましたよ✨

サンタにトナカイ、そしてクリスマスツリー🎄

ちなみにクリスマスツリーが代表の上路です👍とっても似合っていました!

(今回ご協力いただいた先生と📸)

子供たちはとても当日を楽しみにしてくれており、普段は教室まで降りてこられない子も、今回のプロジェクトに参加するために教室まで来てくれたそうです!

体調が優れず、今回は残念ながら参加できなかった子も居たそうですが、ドクターに「参加したい!」と希望を伝えるなど何とか参加しようとしてくれたとか。

先生からこの子供たちの気持ちを伺った時は、本当に嬉しい気持ちになりました!そんなに楽しみにしてくれているなんて!!

早く子供たちに会いたい!!という、はやる気持ちを抑えながら、教室の準備をしましたよ。

プログラム開始

子供たちが教室に入ってくると、続々と元気に「こんにちわー!」と挨拶をしてくれました。

ツリー(上路)はすぐに子供たちの視線を集め人気者に!プログラムが始まる前から沢山の笑顔を生み出していました。

 

プログラムが始まると、今度は身を乗り出して真剣に私たちの話を聞いてくれる子供たち。

「VR知ってる人〜?」という質問にも、手を挙げて応えてくれましたよ。

 

子供たちに体験したのは、こちらの6コンテンツ

和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」や、北海道のバルーンフェスティバル、ハワイのハンググライディングなど実在する場所やイベントを体験して、まるでその場所に行ったかのような“VR旅行”をしてもらいました。

 

<コンテンツ協力>※上段左から

  • 和歌山県アドベンチャーワールド(株式会社アワーズ)
  • 北海道バルーンフェスティバル(北海道放送株式会社)
  • 鹿児島県ブリの養殖(鹿児島テレビ放送株式会社)
  • 東京都VR J-WAVE(株式会社J-WAVE)
  • 大阪府吉本新喜劇VR(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

 

“VR旅行”へ出発!

サンタグループ、トナカイグループに分かれて、皆で“VR旅行”を楽しみました!

VRゴーグルの映像を外部デバイスと同期させることで、体験していない子供たちも一緒にお友達の“VR旅行”を見てもらいました。

お友達の“VR旅行”を一緒に体験することで、自然と周りにも笑顔が生まれていました。

実在する場所へ“VR旅行”をすることで、病気を克服する目的や退院した後の「希望」を子供たちにプレゼントすることができました。

 

子供たちに感想を聞いてみましたよ!

「イルカが可愛かった!初めて見た!」や、「僕の好きなお魚のブリが、養殖されている様子は見たことがなかったから面白かった」、「もっと20個くらい見たい!」など本当に楽しそうに教えてくれました!

面白かったコンテンツにシールで投票をしてもらい、結果は動物園のコンテンツが人気!

子供たちは赤ちゃんパンダやイルカの可愛さに大興奮していましたよ🐼

他にも空や海など自然を感じられるコンテンツが人気を集めました。

どこか他に行ってみたい場所はあるかという質問には、「次は沖縄の水族館に行きたい!」「博物館に行ってみたい!」など、具体的にどんな所に行ってみたいか目を輝かせて教えてくれました。

 

“パンダのぬいぐるみ”をプレゼント!

最後はクリスマスプレゼントとして、人気の高かった動物園のコンテンツ「Adventure World VR」のQRコードを載せたクリスマスカードと、「アドベンチャーワールド」より子供たちに届いた“パンダのぬいぐるみ”を1人ずつに手渡しました。

早速、パンダのぬいぐるみを抱っこして「かわいいー!」と喜んでくれていましたよ!

プログラムの最後には「バイバーイ!また来てねー!」と元気に手を振ってくれる子や、ハイタッチをしてくれる子などもおり、私たちスタッフは全員感無量でした!

子供たちの様子を見ていた先生からも、「是非また来てください!」と嬉しいお言葉をいただき、次の開催はいつにしようか?と今から次回開催がとっても楽しみな弊社スタッフ一同です☺️

 

先生たちにも感想インタビュー!

ご協力いただいた先生たちにもインタビューをさせていただきましたよ😃

子供たちの笑顔に、私たちだけではなく先生たちも終始笑顔で、とても嬉しいコメントをいただくことができました!

<高等部:福田樹里先生>

「普段教室に降りて来られない子も、今日は降りて来ていました。

いつも病院にいるので、体験できないことがVRで体験出来て、皆とても楽しそうでしたしいつもよりも元気でした。

動物園などは人が多いので、病気の子供たちは行くことのできない場合が多く、今回VRで経験できてよかったと思います。

子供たちの笑顔が見られてとても良かったです。」

<中学部:佐野健一郎先生>

「子供たちが普段の授業と違いとても楽しそうで、活き活きとしていたのが印象的でした。

明るく笑顔で参加していたので、今回のプログラムはとても良かったと思います。

入院中の子供たちはどうしても自然や人との関わりなど、当たり前の経験が中々できない所があり、今回VRという仮想空間ではありますが退院後に「こんな所に行ってみたい!」というような思いが生まれれば、プログラムは大成功だったと思います。」

 

ご協力いただきました分教室の先生をはじめ、コンテンツ提供やプレゼントのご支援などいただいた企業の皆さま、本当にありがとうございました。

たくさんの笑顔を創造することができ、とても楽しい時間を共有することができました!

これからもジョリーグッドは、笑顔を生み出すための「ボーンスマイル・プロジェクト」を様々な形で継続していきます。

 

カテゴリー