ジョリーグッド の「楽しい」を探る
<後編>CFO重盛三千緒:いつかはスタートアップ企業を育てる事業にチャレンジしたい

仕事も人生もチャレンジし続ける

編集:個性的なメンバーが揃っているジョリーグッドですが、重盛さんの個性とは?重盛:新しいものが好きということ。仕事も生き方もそうですが、現状に満足せず、チャレンジし続けるのが私の個性です。なので、新しいことにチャレンジできる職場であることに感謝しています。編集:ジョリーグッドは、皆さん新しいもの好きですね。重盛:そうじゃないとスタートアップ企業に入らないですよ。私は大企業からスタートアップ企業に移るときも、全く不安はありませんでした。前の会社は大企業の受付スペースより小さいオフィスで、隣に社長がいる環境で働くのが逆に面白かったですね。編集:上路さんというカリスマ経営者を支える立場で、気遣うことも多そうですが。重盛:全く気負いなく、言いたいことを言わせてもらっています(笑)。自由にやっていいと言われているので。編集:それはとてもいい環境ですね(笑)。重盛:これまでもスタートアップ企業は経験してきましたが、制作部門がある会社はジョリーグッドが初めて。技術だけでなく、モノやサービスが生まれる現場がそばにあるのはとても魅力的です。私の職種では、なかなかそういう場面に立ち会うことはないので。編集:制作現場が近くにある事の重盛さんにとってのメリットは?重盛:制作をそばで見ていると、新しくできあがったサービスを早く投資家に伝えたい!というワクワクした気持ちが強くなります。編集:その情熱はきっと投資家に伝わりますよね。重盛:私はチャレンジをし続けたいので、ジョリーグッドが老舗になったら、また新しいチャレンジをすると思います。同じ会社に30年とかいたら、新しい考えは生まれにくいですし、これからは人材が流動的になって、いろんな人と組むことで新しいアイディアが創造されると思う。最終的には会社という枠ではなく、プロジェクトごとに組むというのが理想的です。編集:上路さんもいろんな事業に立ち合っているので、おそらく同じ考え方ですよね。重盛:上路さんも新しい事業をつくり続けると信じています。ジョリーグッドには勉強や留学で数年、会社を離れていても戻って来られる制度があり、個人のチャレンジを応援する風土もできています。もし私がジョリーグッドから離れたとしても、何かあれば、一緒にビジネスやろうという話になるんじゃないかな。自由と個々のチャレンジを大切にしている会社です。

 

リフレッシュは美味しい食事とお酒!

編集:チャレンジ精神旺盛な重盛さんの趣味とは?重盛:食べることと飲むことが好きなので、友人や家族と一緒に食事をするのがリフレッシュになっています。あとは思い立って急に旅行に行ったり。編集:重盛さんのFacebookにめちゃくちゃ大きなシュウマイか何かを食べている写真が載っていましたね!重盛:あれはごま団子です!すごく美味しいんですが、両手で抱えるほどの大きさなので友人10人くらいで食べました。編集:そういう面白い食べ物を見つけるのも得意なんですね。重盛:おいしいもの好きの友達がいて、見つけてきてくれるんです。編集:いちばん好きな食べ物は?重盛:食べ物は一つに絞り込めませんが、いちばん好きなお酒はビールです。死ぬ間際に絶対飲みたい(笑)。編集:先ほど旅行も趣味だと言っていましたが、最近行かれたのはいつですか。重盛:1月に台湾に弾丸で1泊2日。夜中に着いて3時間だけ寝て、すぐに食事に出かけました(笑)。編集:行動的ですね!重盛:旅行は好きなんですが、1年後のスケジュールにコミットできないので、ぎりぎりに決めることが多いです。夜中に飛行機を手配すると、頭がもうろうとしていて、便を間違えることもあったり(笑)。

ゼロ・クリエイトをサポートするのが醍醐味

重盛:趣味でいうと、展覧会でアーティストの方と話すのも好きですね。そこで気づいたんですが、作家さんと起業家は意外と似ていて、ゼロからつくりあげるエネルギーがあるんです。話をしていると、とてもいい刺激がもらえます。編集:ジョリーグッドもゼロ・クリエイトですもんね。重盛:私はゼロから1を生み出すことができないので、生み出された1を大きくつくり上げるのを手伝うのが好きなんです。だからスタートアップ企業やアーティストに魅力を感じるだと思います。編集:重盛さんがジョリーグッドで実現したい夢は?重盛:ある程度収益の見込みがついたら、スタートアップ企業を育てるような事業をしてみたいですね。私たちもいろんな人たちに支えられて成長しているので、何年後になるかわかりませんが、培ってきたノウハウを活かして、スタートアップ企業をサポートしたい。編集:素晴らしいビジョンですね。重盛:上路さんにも話したら、「それ採用!」と(笑)。お酒の席でしたけど。目下の目標は上場で、粛々と準備を進めています。今のチームは3名ですが、私以外は人事と経理担当なので、一緒にやってくれる人を絶賛募集中です(笑)。編集:大変な作業を1人でされているんですね。
重盛:私の性格的にルールが嫌いだから、外資企業やスタートアップ企業を選んでいたのですが、上場とは企業を型にはめる作業。なので、スタートアップの良さを残した形にもっていくのが、自分がやる意義になればと思いますね。

編集:少しテーマとして飛びますが、AIの力で CFOの役割も変化すると言われていますが、重盛さんはどのようにお考えですか?重盛:世の中では、組織を創造するのがCFOの役目になっていくとされています。投資や会計は人の手を借りずにAIでできるようになり、次世代CFOは人、モノ、お金を組み合わせてどんな事業を展開するか考えるのが仕事になる。編集:重盛さんが理想とする組織とは?重盛:ルールのない組織です。ただ、上場という型にはめつつ、ルールのない組織にするのは至難の業です。ジョリーグッドのユニークな特徴を活かしつつ、どちらも実現できたら最高ですね。

Profile
重盛三千緒 Michio Shigemori
外資系金融機関グローバルトレジャリーサービス、外資一般事業会社でのファイナンス、オペレーション部門を経て、2015年にFintechのファイナンス部門に転職。2018年にスタートアップ3社目となるジョリーグッドに入社し、CFOに就任。
Photo:Jiro Fukasawa

カテゴリー